転職を行う場合のコツ

 「こんな仕事だとは思わなかった」「こんな同僚と仕事なんてできない」といった感じで、現在の職に不満を抱える方も多いでしょう。転職ということにネガティブなイメージを抱いている方もいるとは思いますが、我慢ばかりの仕事が楽しいはずありません。新しい一歩を踏み出すことが必要な時だってあります。転職に向けて、いくつかのポイントを紹介します

 

退職前に転職先を探す

 とりあえず仕事をやめてから転職先を考えよう、というのはお勧めしません。仕事をしながら転職の準備を整えていきましょう。この時、転職するぞ!という雰囲気を出してはいけません。最悪の場合、自主退職の前に解雇されてしまう場合もあります。あくまで水面下で準備を進めて下さい。

 

仕事を全力で行う

 「どうせ退職するんだから…」といって適当な仕事をしてはいけません。転職を考えている企業が現職場へと問い合わせる場合もあります。最後まで全力を出しましょう。

 

面接では正直に、かつ向上心を見せて

 転職先に履歴書を提出し、面接を行うことになったとします。この時、適当な事をしゃべらないようにしましょう。前記のように、職場への問い合わせがある可能性があります。そして聞かれるであろう「なぜ前職を離れたのですか?」という質問はなるべくネガティブな発言は避けましょう。向上心を感じさせる発言を心掛けてください。「上司と馬が合わずに」「面倒になったので」といった発言はNGです。

 

転職を急がない

 準備不足のまま急いで転職を行おうとしてはいけません。「立つ鳥跡を濁さず」です。もうこの職場には来ることはない、と自信を持って言えるようしっかり後始末をしましょう。予想以上に早く新しい職場へ招かれるということもあります。余裕を持って行動できるようにしておきましょう。

 

 

参考
http://xn--40-414c767f3tdkz3bgdv.net/
40歳の転職成功の秘訣